Skip navigation

ProfilGate®の推奨使用と使用制限

どんなに優秀なシステムであっても使用制限はあります。弊社のシステムが御社の問題を解決するというお約束ができない場合は弊社製品のご使用を提案いたしません。以下にて、ProfilGate®の推奨使用と使用制限について説明します。

 

過酷な使用を想定した設計

プロフィルゲートの設計段階において、過酷な使用条件に耐えられるように開発しました。もっとも耐荷重性が低いタイプでさえ、最大10トンの荷重に耐えることができます。その他の製品に関しては、40トンまでの荷重に耐えます。

 

埃、汚れ、タイヤ摩耗粉塵

プロフィルゲートの設計段階において、過酷な使用条件に耐えられるように開発しました。もっとも耐荷重性が低いタイプでさえ、最大10トンの荷重に耐えることができます。その他の製品に関しては、40トンまでの荷重に耐えます。

 

通過の方向

ブラシの摩耗や消耗を最小限に抑えるために、プロフィルゲート上では直進方向に通過してください。プロフィルゲート上でUターンや急停止・急発進すると、ブラシの摩耗を早めてしまいます。

 

速度制限

プロフィルゲート上を通過する速度の制限は、6 km/hです。

速度制限

プロフィルゲート上を通過する速度の制限は、6 km/hです。

速度制限

プロフィルゲート上を通過する速度の制限は、6 km/hです。

 

速度制限

プロフィルゲート上を通過する速度の制限は、6 km/hです。

泥や大きい異物

プロフィルゲート®は、泥やブラシの間を通らない大きさの異物の除去には適しません。

 

クリーンルームエリア

プロフィルゲート®は半導体生産工場、製薬工場、食品工場などのクリーンルームに入る手前側に設置することで、異物混入による製品の汚染リスクを最小限に抑えます。しかし、プロフィルゲートはクリーンルームの中での設置を想定していません。