Skip navigation

施行タイプ

 

基本的には地中埋設型のプロフィルゲートを推奨します。地上設置型に比べて、地中埋設型は傾斜スロープを使用する必要がないため場所を取らず、また平らであるためあらゆる方向からの車の通行において段差によるアクシデントを発生しないメリットがあります。地中埋設型のその他のメリットとしては、地面よりも異物収集トレイの底面が低いため異物が集まりやすく、地上設置型のように地上に段差を生じないため地上に異物が溜まらないことが挙げられます。

c_crd_ebenerdig.jpg

地中埋設型

c_crd_oberflur.jpg

地上設置型